2014年07月08日

反抗期が無くても驚く事ぁありません

先日雑談で「反抗期が無いのは変じゃないか」という意見を聞かされたんですが、私の返答は「んなことぁ、ないです」であります。反抗期は絶対無きゃいけないものでも、無かったら異常なものでもない

子供の心の成長を論じる発達心理学の話なんかでは「反抗期は子供が必ず通る道であり、健全な精神発育過程である、自然な事である」とよく書いてある気がするんですが、そもそも10歳前後で丁稚奉公に出された江戸時代の子供達なんぞに、反抗期だと言って奇をてらった格好をしたり周囲の権威に逆らったりする余裕もあろうはずが無いわけです。「人間なら必ず反抗期を通る」とは限らない。

少し理屈をこねると、反抗期とは自我の確立期であり、社会に出て行く準備期間ともなっています。そこには「両親の庇護から離れる準備として、両親の指示や判断を拒否し、自分独自の判断力を行使する」「社会に参加するにあたり、自分がどのような大人になるのかを模索する」「とりあえず、同年代の周囲の仲間から認められようとする」といった側面がありますが、そもそも同年代の子供ばかりが集まるようになったのが、恐らく義務教育の普及以降ですから、それ以前は「同年代の周囲の仲間から認められ」ようにも、周囲の仲間の構成が違ってしまうし、身分制社会で自分が何になるかを選ぶ余地が少ないような時代には、「自分がどのような大人になるのか」は模索する必要のない課題だったでしょう。反抗する前提が、恐らく近代になって成立したものであるというわけです。

私の感想としては、むしろ反抗期なんてものが出現した近代社会が異常なのであって、反抗期がない事は、別にちっとも異常じゃない、と思います。


ところでwikipediaには「反抗期」という記事がないんですね。「思春期」はあるけれど、もっぱら医学的・生理的な変化の事ばかり書いてあって……
タグ:反抗期 近代
posted by FORWARD-ac at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供について

2014年07月05日

「逆像法」覚え書き

今日の新規習得事項。数学を特に勉強している方でないと厳しいかも知れません。

「逆像法」

■とりあえず、それは何なのか
係数に変数を含む y=f(x) のグラフの領域を求める際、そのままの形の式を睨んで変数を動かした時のグラフを直に描いていく攻め方を「順像法」と言い、変数を動かすのではなく、(変数)=g(x,y)の形に変形してから、変数が実数として存在しうる(x,y)の範囲を求めるという発想で解く攻め方を「逆像法」という。

■例えばこんな問題で……
たとえば、以下の関数のグラフにおいてaを任意の実数とするとき、グラフが通過し得る領域を求める。

y = 2(a+1)x - a^2 + 1(ただし「a^2」は「aの二乗」の意)

順像法だと、とりあえず「a」にいろんな値を入れてみる。そもそもこの関数は直線のグラフを表すものだけれど、aにものすごく大きな数を入れると、直線の傾きがものすごく大きくなって、ほぼ垂直な、ほとんどy軸に平行な線になる。そのとき、y切片もかなりスゴい値になって、「a^2」に負号がついているから、ものすごく下の方を通る。ちょっとイメージしにくいですね。
「a」に0を代入する。傾きは2で、y切片は1になる。
「a」に-1を代入する。傾きが0で、つまり水平、x軸と平行になる。y切片は0になる。
「a」に-2を代入する。傾きは-2で、y切片は-3になる。

この三本の直線を引いてみると、x=-1を対称の軸として、左右対称な状況が見えてくる。
うーん。たぶん、放物線でしょうね。点(0,1)、(-1,0)、(-2,1)を通る放物線を思い描くと、うまくいきそうです。その放物線の外側が、たぶんグラフが通過する領域です。
ただ、答えはだいぶ見えて来ているものの、ちょっと手間がかかっているし、まともな証明になっていません。まだ続く。

逆像法だと、まずは与式を「a=」の形に直すところからです。

y = 2(a+1)x - a^2 + 1
y = 2ax + 2x - a^2 + 1(カッコを外して展開)
y - 2x - 1 = 2ax - a^2(aを含まない項は左辺へ)
y - x^2 - 2x - 1 = -x^2 + 2ax - a^2(ちょっとトリッキーですが、両辺にマイナスのx二乗を追加)
y - (x+1)^2 = -(x-a)^2(両辺ともxについて平方完成できます)
(x+1)^2 - y = (x-a)^2(両辺とも-1倍した)
±√{(x+1)^2 - y} = x-a(表記が分かりにくくて恐縮。左辺は中カッコ全体にルートがかかっています)
a = x ± √{(x+1)^2 - y}

さて、(x+1)^2 - y がルートの中に入っています。この部分が負の値になると、ルート部分が虚数になってしまうのでaが実数でなくなる。それは困るので、y ≦ (x+1)^2 という範囲が得られる。とまぁ、こんな具合です。


■逆像法の「像」とは……
順と逆という文字の意味は一見して明らかですが、「像」という文字が入っているのが、イマイチ謎です。この「像」Wikipediaを調べると、集合論の言葉だそうで。「写像」とかと同じ「像」であり、つまり「逆像法」の背景には、aと(x,y)の関係を集合から集合への写像と捉える発想がある、と。そんなところでしょうか。
posted by FORWARD-ac at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

2014年06月22日

インターネット時代になって変わった事

実は最近、ブログを他のサービスに移管する事を検討して他のブログを少しいじっていました。そこで感じたのですが、ブログサービスによって、意外と編集画面の勝手が違うのです。ユーザ数の多い某大手A社のブログサービスはやたら広告が表示されて嫌だなと思う反面、文字の色を変えるためのパレットがデフォルトで表示されていて、ご覧の通り、思わず色文字に手を出してしまいました(苦笑)
とはいえ、実は今まで使ってこなかった(ついでに言えば、そうした機能があまり目立たない編集画面レイアウトだった)だけで、このブログサービスでも文字の色変更は可能です。色だけでなく文字サイズを大きくしたり小さくしたり、太文字にしたり下線をつけたり訂正を入れたりといった変更は、実はとても簡単に出来ます。編集画面では、こうした変更がHTML(ホームページを作る際に用いるプログラム言語……みたいなものです)の書式で表現されるので、ああちょっと失敗したぞと思っても、HTMLを理解していれば、ちょいちょいと手書きで直せます。


1990年代にインターネットが普及し、様々な事が変わったわけですが、あまり指摘されていないように思うのが、この文字の色の変更です。インターネットが普及する以前、文字情報の発信は、主に紙媒体で行われており、カラー印刷は費用がかかりますから、紙媒体の情報発信では自然と文字は黒一色になるのに対し、インターネット上でホームページやブログを用いた情報発信を行うようになると、文字の色を変更するのに金銭的なコストはほとんどかかりません。いちいち文字の色を変えるのは多少の手間がかかりますが、その手間も、A社の記事編集画面のように、ボタンひとつで色を変える仕組みが組み込まれる事で、誰でも簡単にいろいろな色で文字を綴れるようになる。インターネットでの情報発信は文字の色が変えやすいのです。

そんな事は大した事じゃないだろうと思う方もいらっしゃるかも知れません。そんなものは、小学生の女の子がペンケースにやたらいろんな色のペンを入れているのと同じだ、文字の色を変えるなんて要らない機能だ、と。しかし、既にこのブログ記事をご覧いただければ、お分かりになるでしょう。文字の色を変えられると文章の要点が示しやすいのです。ただ文章の要点を示すだけでなく、例えばこの文章では文字の色を変えるなんて意味が無いと考える立場と、文字の色を変えられる事には重要な意味があると考える、筆者(=私)の立場を、色によって分ける事も出来る。筆者の主張、問題提起、反論の想定、といった文の要素を色で示せば、色によって文の構造を明瞭に示す事が出来るのです。文の書き手と読み手の双方に文章能力があれば、これらは不要なのですが、文章能力というのは、実は高度な技能であり、誰もが持っているものではありません。そこで、文字に色を付ける。すると、不完全な文しか書けなくても、ある程度は意図を伝えられるようになるし、読解が苦手でも色のついた部分だけ飛ばし読みして、辛うじて発信者の意図を掴めるようになるかもしれない。私の考えでは、色文字を使う事で、より多くの人が容易に文章を扱えるようになるのです。

それだけではありません。恐らく、色文字を使う事は文章の書き方さえ変える可能性があるのです。いま正に私がそうなのですが、文章中の所々を赤で強調しながら文を書いていると、自然と「どこを赤で強調しようか」と考えるようになり、意図的に文章中にまとめの一文を挿入するようになるのです。それも、出来れば赤い部分だけ読んでも意味が分かるように、赤で強調した部分は主語述語を完備した独立して読める文になるように気を使うようになると、私はいま文章を書いていて、自然な感覚として感じています。

実は私も文字に色を付けるなんて邪道だと思っていた人間なのですが、文字に色を付けるの、ちょっと癖になりそうです(笑)
posted by FORWARD-ac at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年06月20日

日本が乗っているプレート

日本は地震が多い。それは当たり前の事で、日本はいくつものプレートがせめぎあう場所に位置しているから、プレートが頻繁に壊れて、その度に地震が起きる。

ところで、そのプレートを見直していて、これは恐ろしい、と思ったのでした。日本が乗っているプレートは、プレートの中の両横綱ではないか。大きなプレートだから大きな地震が起きるとは限らない気もするけれど、とりあえず、迫力が違う

日本が乗っているのはなんというプレートの上でしょうか。教科書を見れば載っていますが、北アメリカプレートユーラシアプレート、フィリピン海プレート、それに小笠原諸島の成因である太平洋プレートですね。

ところで、プレートの動きというのは地球の46億年の歴史の中では、何度も変化しているそうです。現在の動きは、Wikipediaによれば、2億年前ごろパンゲア大陸の分裂と共に始まった動きだそうです。大きな大陸が形成されると、大陸の下で地熱が逃げ場を失って溜まり、マグマとなって地表に噴出し、プレートを割って、プレートが分かれていく(従って上に載った大陸は分裂していく)事になるそうです。パンゲア大陸の分裂で出来たのが、大西洋です。その大西洋を見ていて「ん? 東岸と西岸の凹凸がぴったり一致するな……」と気づいたのが大陸移動説の最初だったのは、有名な話。

で、パンゲア大陸をかち割って大西洋を作った、その一方のプレートがユーラシアプレート、他方が北アメリカプレートです。そっからぐるりと地球を一周して、日本とシベリアでゴッツンこしている。大西洋を作ったプレートが日本で喧嘩しとるわけです。

だから地震が大きくなるとはいえないと思いますが。
いま巨大地震の原因として注視されている「南海トラフ」は、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境目です。
posted by FORWARD-ac at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理・地学

2014年06月11日

ブログデザインを変えました

ごらんの通り、ブログのデザインを変えました。
長文の記事が多い割に、前のデザインは字と背景の色のコントラストが甘くて、読みづらいなと思っていました。あれは恐らく、女の子とかが短い文で日々の印象を書き綴る事を想定したデザインだったのでしょうね。
シンプルでコントラストのはっきりしたデザインに変えました。

本日は、それだけ。
posted by FORWARD-ac at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月30日

酸化還元滴定・覚え書き

練馬から教育で世界を変える!
石神井公園の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

最近、生徒たちの指導で化学の酸化還元滴定を扱う機会があり、あちこち調べて知識の補強をしました。知らなくても丸暗記で問題は解けますが、やはり背景を理解している方がいい。
今日の記事は、化学を勉強していない方には、辛いと思います。スミマセン(^^;

Q:酸化還元滴定でよく出てくる、硫酸酸性とは何か
過マンガン酸イオン等を使った酸化還元反応で、事前に水溶液に硫酸を加えて水溶液を酸性にする。この硫酸が含まれたビーカー内の環境を硫酸酸性と言う

Q:なぜ酸性にしなきゃいけないの?
例えば過マンガン酸イオンは中性や塩基性の条件では、期待されているのと別な反応が起きる(中学受験で酸素の発生方法として紹介される「過酸化水素水+二酸化マンガン」の、二酸化マンガンが出来てしまう)可能性が高くなるので、望ましくない。そこで酸性にして、よけいな反応が起きにくいように制御している。過マンガン酸イオンは酸化剤として働く際に、酸素原子を渡す相手として水素イオン(オキソニウムイオンとかプロトンと言うことも)を要するが、酸性にすると水溶液中に水素イオンが豊富にある状態になるため、都合が良い。

Q:なぜ硫酸を使うの?
結論を言えば硫酸イオンは意外と酸化還元に関して安定だから。たとえば他の典型的な強酸のイオンである硝酸イオンや塩化物イオンと比べると、硝酸イオンは窒素が酸素を手放して酸化数を減らしがちで、酸化剤として働いてしまう。逆に塩化物イオンは電子を相手に渡して酸化数を上げがちで、還元剤として仕事をしてしまう。酸性条件を作るために投入した酸が酸化還元反応に加わってしまうと、反応が複雑になって面倒だから、使わない。硫酸イオンは、我関せずの態度を取ってくれるから好ましい。
posted by FORWARD-ac at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 化学

2014年05月13日

間が空きました

練馬から教育で世界を変える!
西武池袋線沿線・石神井公園の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

なんと前回の記事投稿から9ヵ月が経過しています……いくら生徒の指導優先といったって、放置し過ぎですね。

9ヶ月前に書いていたのが菅原道真についての記事ですが、このテーマは未だに私の興味を引き続けています。このテーマは、ともすれば退屈な奈良時代〜平安時代の日本史に、実は現代につながる大きなうねり、時代の転換があったという事と密接につながっていると思います。
そんなわけで、9ヶ月のブランクを越えて、菅原家の血統について、記事再開であります。
posted by FORWARD-ac at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・漫談

学問の神様・菅原道真の血統(4)道真 その1〜成功した学者として〜

菅原道真の系譜について調べて記事を書いていましたが、いよいよ、菅原道真本人についてです。

菅原 道真(みちざね)

先代・是善の三男で、従二位・右大臣と菅原家の中でもダントツの出世を果たした人です。平安時代の著名な学者であり、学問の神様として各地の天満宮に祀られています。実際の事績としては、「白紙に戻す遣唐使」で894年に遣唐使の廃止を建議し、実際に廃止が決定されたのが有名ですね。

そして大宰府への左遷。時の左大臣・藤原時平に(おそらく無実の罪で)讒訴され、今の北九州・太宰府の長官の職に左遷され、同地で生涯を終えました。左遷される際の「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」という歌も有名ですね。その後、太宰府で恨みをのんで死んだとされ、その祟りを鎮めようと各地に神として祀られる事になりますが、覚悟の座った人は、厳しい運命もやがて受け入れるもの。あまり恨みに囚われていたと見てしまうと、道真公を矮小化する事につながるような……太宰府では「断腸」の想いを詩に書いているようですが、同じ詩に「恩賜の御衣 今此に在り 捧げ持つこと毎日 余香を拝す」ともあり、恨みと言うよりは、帝の恩寵を懐かしむ方向性が強いように思うのですが。(そもそも様式の整った漢詩を作る余裕があるならかなり冷静だよね、と思ったりします)
実際のところは、鬼神に変じる程に恨みに囚われていたとは、思われません。

ちなみに作品で言えば、小倉百人一首には「この度は 幣も取り敢へず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」が収録されています。「旅に出るに当たって、旅の安全を祈願して道祖神に手向けるべき幣も用意できず、手向山の金糸銀糸織りのような紅葉を捧げます、神の御心のままに、お納め下さい」といったところでしょうか。百人一首は素人目にはなんでその歌を選んだんだか、良く分からない歌も多かったりするわけですが、この歌は重責を負い多忙の人であったはずの道真らしい(同時に、忙しさを理由に儀式をサボったりするところも見える)気がして、歌としてどうこうと言うより道真の人柄に触れられるように思い、私はわりと好きです。

上記のあたりが有名な話で、あとは高校生で真面目に日本史を勉強していると「阿衡の紛議」という事件を知っているかもしれません。時の権力者・藤原基経が天皇と対立し天皇を圧倒した事件ですが、道真の介入で基経がやや手を引く事で事件は収束し、道真が天皇の信頼を得て一気に権力の中枢に食い込むきっかけとなった事件です。
基経は天皇から関白(当時はまだこの呼び名は使われていなかったようですが)に任じられましたが、その際の詔勅に「阿衡」の役割を果たせ、とあったのを、ある学者が「阿衡とは古代中国の歴史上にある職名だが、名誉職で実権は無かった」と基経に告げ口し、基経が怒って政務を放棄したため政治は麻痺。天皇が自らの非を認めても尚、基経は機嫌を直さず、詔勅に「阿衡」と書いた詔勅起草者を流罪にしろと迫りました。まぁ、どう見てもまったくの言いがかりにしか見えない話ですね。学者間の出世競走で、詔勅起草者を陥れようとする動きがあったのだとか、いろいろ言われております。まぁ、基経本人にモチベーションが無ければ、ここまでの大騒ぎは起こさないでしょうから、やはり基経が自分の権力を盤石にするために起こした(あるいは利用して大事にした)騒ぎ、という事なのだと私は思います。
この事件の際に、讃岐守だった道真は「騒ぎをこれ以上大きくすると、貴方たち藤原氏のためにも良くないのでは」といった書簡を基経に送り、基経は説得され、詔勅起草者の流罪は求めないことにした、という話だそうです。たかが一国守の立場で中央の権力争いに介入し、なんと決着させています。以降、天皇の信頼が厚くなり出世を重ね、右大臣にまで出世します。
ちなみに、職名で言うと太政大臣がトップで、次が左大臣、No.3が右大臣です。ただし道真公が右大臣になった際は太政大臣は空席ですから、右大臣は繰り上がってNo.2。しかもNo.1の左大臣は若年の藤原時平だったため、上皇から「時平に顧問をつけろ」とアドバイスがあっての右大臣就任でした。左大臣と同格か、上席の右大臣、という感じがあります。
さらに付言すると、藤原氏や天皇家出身でなく大臣にまでなる事は稀であり、学者から立身して大臣となったのは、ウィキペディアの記述を借りれば「近世以前では、吉備真備と菅原道真のみ」とのこと。

実はこの記事には書かなかった様々な背景もあるのですが、とにかく彼が天皇に重用されたことをはじめとして、時の最高権力者であった藤原基経など、実に多くの権力者たちから一目置かれ、またその発言によって政治や政局が大きく動く、一級のVIPであったことは間違いありません。このような影響力の背景には、優れた学識と文才、そして時の権力者にも堂々と意見する胆力によって天皇の信頼を得たこともありますが、同時に彼の元には多くの学生が集まっており、ひとつの学閥を形成して朝廷を支える多くの優秀な官僚を輩出していた事も見逃せません。彼は私塾を開いており、そこから朝廷に多くのスタッフが送り込まれていたようです。

と、以上、右大臣にまで立身出世した「学者中のスーパースター」としての道真の肖像を、ザッとご紹介しました。
posted by FORWARD-ac at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学・教養

2013年08月15日

今月の日曜会はお休みです

教育で練馬から世界を変える!
西武池袋線沿線・石神井公園の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

更新が滞り恐縮です。夏に入り、一日中指導にかかり切りなもので……毎年、体力削って命がけ、の夏です(苦笑)
さて、標題の件ですが、今月は日曜会はお休みです。
また、来月以降ですが、開催の在り方を見直そうと考えています。一旦、開催についての告知を削除しました。今後につきましては、また改めて、ご案内致します。

高校生の部は、毎回かなり高度な話をしているのですが、生徒たちが面白がってついてきてくれるので、話す私も楽しんでいます。が、自分が勉強していないと、ネタ切れを引き起こす恐れを感じています(苦笑)
その事を思うにつけ、大学は素晴らしい場所だった……とつくづく思います。常に新しい知識がもたらされ、ネタが増え続けるのですから。大学を去ってしまった今、自力で勉強していかねばならないのですが、情報ソースを得るのもなかなか大変です。ウィキペディアは幅広い情報をくれますが、しばしば内容が浅いですから……本を読まねばなりません。
posted by FORWARD-ac at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2013年07月01日

今月の日曜会

練馬から教育で世界を変える!
石神井公園の個別指導塾FORWARD塾長、松尾です。

本日は、今月の日曜会のご案内です。

小中学生の部は2013年7月21日。
生物をテーマに、お話をしようと思います。
生物体の体を構成する細胞、さらに分子や原子へとミクロの世界をご紹介します。参加者のレベルによっては、遺伝子、アミノ酸、タンパク質、といった概念をご紹介し、遺伝子の働きを簡単に説明できたら面白いかなと考えています。

中高生の部は2013年7月28日。
文学をテーマに、アルゼンチンが誇る文学者ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」および「バベルの図書館」の一部をピックアップして読んでみようと思います。これまでの参加者には読書家が多いので、読書家の中高生でもなかなか手を出さないであろう作家を、ご紹介します。

どちらも、参加希望の方は下記フォームから事前にご連絡の上、15:00-15:10にお集まり下さい。
http://www.forward-ac.com/inquiry/
時間は、1時間〜1時間半を予定しています。

会の趣旨などの詳しいご案内は下記
http://blog.forward-ac.com/article/67572330.html
posted by FORWARD-ac at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知