2010年03月24日

Q. 中学受験で早稲田を蹴って江戸川取手に進学した理由は?

A. 私の考えというよりは母の判断ですが……

私の兄が既に江戸川取手に進学しており、
その内容を知った上で私も江戸川取手にと考えたようです。
まぁ、入ってみたら大層キツい学校でしたが……(苦笑)
化粧や髪の色を変える、制服を着崩すなど、
少しでもそういう事をしたら、即刻狭い部屋に監禁され、
反省文は原稿用紙10枚が基本設定でした(苦笑)
(あ、一度も反省文は書かずに済みましたよ。一応……笑)

私の地毛は少し色が明るいのですが、まあ黒髪です。
それがたまたま夕日に照らされて赤く見えた事があったらしく、
それで一度「お前、染めていないだろうな」と言われました。
私は染めていなかったわけですが、
それくらい微妙な色でもチェックされ、
もし染めていたら即刻、厳しい生徒指導です。

当時はずいぶん嫌な学校だと思っていましたが、
素晴らしい先生方に恵まれたと、今になれば思います。

なお、能力限界まで背伸びして難関中学に入って、
その中で落ちこぼれたら困るから、
少し余裕を見て、中堅校のトップを目指させよう、
という考えもあったようです。
これは中高時代についてはアタリました。
私は何だかんだと優秀者として、ちやほやされましたから……
とりあえず、プライドを向学心に向ける事はできました。
(もっとも、井の中の蛙にもなりましたが……)
他方、教育に関わるようになって、
難関校の中で落ちこぼれた子はずいぶん見てきました。
皆さんも中学・高校受験に際しては、参考にしてください。
posted by FORWARD-ac at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験について

Q. 難しい問題を沢山解かないと東大には入れないのですか?

A. 東大を目指すなら、むしろ基本を大事にすべきです。

難関大学を目指す塾や、難関私立高校の中には
やたら難しい勉強をさせる学校もありますが……
私は、それが必要とは思いません。
むしろ、東大は筆記が多いので、
どの教科にしても、大切な点と些末な事柄をきちんと弁別し
大切な事を簡潔に文章(または数式)にまとめる力の方が
大切なのでは……と思います。

ただし、基本的な問題は沢山解いた方が良いでしょう。
というより、沢山やるのは当たり前です。
問題は、沢山やるのは当たり前として、
もう一歩抜きん出るためにどうするかですね。
集中力で勝負するも良し、他人より多くの時間を確保するも良し。
私は集中力は今も昔もあまり無いですし、
時間も、高校2年まで美術部で部長やら何やらしていましたし、
三年になっても、高校生らしくコンプレックスを抱えたり、
まあ、クシャクシャしていたので(苦笑)
他人を突き放すほどの時間を勉強に捧げたとも思えませんね。

私の場合は、苦手科目が無かった事と、
基本の事項を柔軟に運用する力があった事、
それに、本番の心理的なプレッシャーに勝った事で、
入試を突破できたのだと思います。
posted by FORWARD-ac at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験について

Q. 予備校に通わないで難関大学に合格する秘訣は何ですか?

A. 自分を理解する事、過去問を見る事、行動する事、ですね。

孫子曰く。「彼を知り己を知らば百戦して危うからず」
中国古代の兵法書『孫子』に「相手と自分の事を良く理解すれば
どんなに戦っても負ける恐れは無い」とあります。
これがそのまま当てはまるでしょう。
自分の勉強が足りているかどうか、自分の能力が充分かどうか、
自分の長所はどこか、自分の弱点はどこか。
そして実際に入試で問われるのはどんな事か。
どの程度得点すれば合格なのか。
自分の現状や癖と、実際の出題とをよく知れば、
自ずと必要な事は見えて来るでしょう。

そして、為すべき事が見えたら行動する事。
こう勉強しなさいと教えているのに勉強しない子もいます。
これはダメです。本人もダメだし、周囲も放置してはいけない。
口先ばかりでなく、実際の作業をこなす事は、何より大切です。
posted by FORWARD-ac at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験について