2015年01月25日

「コンセント」の語源

ところで「コンセント」ってなんで「コンセント」か、皆様ご存知でしょうか。英語らしき響きですが、「concentrate(集中する)」なら聞いたことありますが……どうも和製英語らしき臭いがします。

さて、wikipediaによれば、家庭用電源に対応する英語表現は、

・socket(差し込み口)
・electrical outlet(電気の・出力口)
・receptacle outlet(受け手側の・出力口)
・power point socket(電力・点・差し込み口)

等々だそうです。三番目のなんか、ちょっと自家撞着っぽい気もしますが……そして四番目の「点」とは何なんでしょう。まぁ、ともかく「コンセント」と読める表現は出てきません。

では「コンセント」はどこから出てきたのかと言うと、「concentric plug(同心のプラグ)を略したもの」だそうです。「東京電燈(のち日本発送電設立により解散)に勤めていた小林勲が、同社の電気工事規程である内線規定を起草する際それぞれを「コンセント」と「プラグ」とに分けて称したことから、もっぱら差し込み口を「コンセント」というようになった」とあり、この和製英語を創作した人物の名前も特定されている模様。

「同心のプラグ」というと、当時のプラグは、我々がよく知っている金属板二枚からなるものではなく、円柱状の金属棒が突き出た形のものだったのでしょうか。昔の電気器具に、丸い棒が生えたプラグ、ついていますね。

従って、「コンセント」は壁についている受け手のことで、そこに差したり抜いたりするものは「プラグ」です。「コンセントを差す」「コンセントを抜く」は、正確には誤用である、と。

いや、私は使っちゃいますけどね。「コンセントを差す」って。
posted by FORWARD-ac at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2011年02月25日

英語ニュース

FORWARD塾長、松尾直樹です。
先日、筋トレをすると生徒達にも宣言して、
男子中学生たちの監督下に欠かさず筋トレしていると
書きましたが、もうひとつ宣言して実行していることがあります。
英語ニュースを毎日聞くことです。
以前から時々は聞いていましたが、気付いたらしばらく聞いて
いなかった、なんて事があるので、毎日にしました。
これは教室で音を鳴らして聞くわけにはいかないので、
監督してもらうわけにはいきませんが(笑)

以前はNHKの英語ニュースを聞いていましたが、宣言して
しばらくした時に、帰国子女の生徒から「CNNがお勧め」
と言われました。
(同時に他の子はCNNはつまらないと言いましたが…)
もともとNHKの英語ニュースは日本人アナウンサーが喋る
英語の事が多く、ネイティブ発音でないのが恨みだったので、
それを機会にいくつかの海外局のニュースを聞き比べ、
けっきょく配信している頻度や分量が豊富だったBBC
を聞く事にしました。イギリスの局なので、
クイーンズイングリッシュに耳を慣らす事ができるかも、
というのも一つの理由です。
聞いてみたらインタビューが多く、むしろ最近はエジプトや
リビアの人が喋る英語も多いですが…私の耳では、まだ
クイーンズイングリッシュと米語との違いは
はっきり聞き取れません。

さて……聞き始めて驚いたのですが、ずいぶん日本の
ニュースと様子が違います。まず中継やインタビューが
(北アフリカに混乱が広がっている今だからかも知れ
ませんが)やたら緊迫感に溢れています。周囲で怒号が
飛び交っていたり、インタビューを受けている話し手が、
インタビューの途中で泣き出したりしている。よく言えば
臨場感に溢れ、悪く言えば扇情的です。
それに、聞き手のジャーナリストが話し手に激しく
突っ込んで話し手が返事に窮したり、あるいは話し手が
延々と喋り続けていると、聞き手がかなり乱暴にそれを
遮ったりします。これと比べると、NHKの
インタビューはずいぶんマイルドです。

どっちが良いとは、あまり言えませんが……
意外と違うものですね。興味深かったです。
posted by FORWARD-ac at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2010年08月09日

一酸化炭素は英語で何と言う?

さて、例によってニュースは英語で聞くという、
ヤラシイ習慣をもつ、FORWARD塾長であります。
先日はロシアでの激しい山火事の話を聞いたのですが、
その中に「一酸化炭素」という単語が登場しました。
英語では「カーボン・モノ・オキサイド」と言うのですね。

英語を学ぶ中高生において、
二酸化炭素は英語で言えてしかるべき単語です。
「カーボン・ダイ・オキサイド」と言います。
「カーボン」が炭素で、「オキサイド」が酸化。
「ダイ」は「二つの」を表します。
温暖化や省エネの話題で必ず出ますから、英検でも頻出語彙です。

でも一酸化炭素は出てくる事が少ないので、
へーと思った次第です。
posted by FORWARD-ac at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2010年03月23日

発音記号

続けて英語ネタです。皆さんは発音記号を読めますか?

私は発音記号を読めますし、読めるようになる事を勧めています。
教科書や辞書に載っている発音表記を読めるようになる。
これは、単純に良い事ですよね。

「僕の電子辞書には発音機能がついているから、
発音記号なんか読めなくても大丈夫」なんて思っているアナタ。
それは甘い。アナタの耳は、その電子辞書の発音を
正確に聞き取れる能力があるのですか?
そもそも、電子辞書の音源はそんなに上等ではありませんし。
また、正確に聞き取れたとして、それを自分で発音する時の
正しい口の形を知っていますか。

こうした事項が保証されなければ電子辞書の音を聞いても
正しい発音は理解できません。
そして、これらがすっかり身に付くほど英語に熟達する頃には
意識していれば、発音記号くらい読めるようになってしまいます。
電子辞書の発音機能より、発音記号を覚える方が早いでしょう。

そもそも電子辞書というもの自体、私は中高生向けではないと思っています。
電子辞書は、文法解説をおざなりにしてしまいやすいので。
電子辞書は高校英語教科書くらいなら辞書無しでさらさら読めるレベルの人が
ネイティブの大人向けに書かれた文を読むようなときに使うものです。

発音記号を習得しない人が多いのは、見たことも無い記号がやたら出てきて、
取っ付きにくいと感じる方が多いためでしょうね。
しかし、ぱっと見の印象が取っ付きにくそうだからと、
逃げ出すようでは数学などは到底、大学受験レベルもマスターできません。
「見た感じ、とっつきにくいから」という理由はヨロシクナイ。
そして、よく見てみれば記号の種類はそんなに多くないのです。
独学でも、意識していれば中学1年の間に凡そマスターできます。

……と、書いていてかなり高飛車な内容になっているなーと気付きました……

それが多くの人にとっては難しいんだ、という事は分かっています。
これに手を出すべきかどうかは、その子が目指すレベル次第ですね。
いままで勉強に慣れていない子が、小6の末に急に発音記号に手を出すのは
私は、良いとは思いません。
その子が習得できるなら、とても良い道具ですが。
posted by FORWARD-ac at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2010年03月20日

フォニックス!

突然ですが、フォニックスを御存じですか?
初等英語の教育法のひとつで、
発音と綴りの関係をいくつかのルールにまとめ、
初めて英語の読み方・綴り方を勉強する子に、
そのルールを教示します。
そのルールを知っていれば、初めて見る単語でも
おおよその発音は推測できるようになっています。
日本の公立校では、あまり採用されていませんが
小さい子供向けの英会話教室などには、
積極的に取り入れているところもあると聞きます。

私の通っていた中学は、ハッキリとは言いませんでしたが、
フォニックスをベースに指導をしていました。
中学入学前に、家庭学習でフォニックスらしき内容の教材を
一通り見てくるように、要求されました。

そんなわけで私はフォニックスを基本とする指導をします。
やはりフォニックスを知らない生徒は、
フォニックスを知っている者からすれば、
考えられないような綴りのミスをするので、
ちゃんと知っておいて欲しいな、と思うのです。

もっとも、わざわざフォニックスなどと言わずとも、
賢い子は自分で様々な単語の綴りと発音の関係を見て
独自に発音規則を見つけていくのでしょうが…
私の受けた教育は、フォニックス的ではありますが、
どちらかといえば自分で見つけていった部分が
大きいのかもしれません。

突然こんな記事を書いたのは、先日新規入塾生の親御さんから
指導ではフォニックスを採用しているか? と
質問を受けたためです。
そこで、先日改めてフォニックスを解説しているサイトを見まして。
思っていたより、ずっと使い手がありそうです!
見直しました。これは素晴らしい。

興味のある方は、ぜひご覧ください。
Phonics on the Web
英文サイトなので、ちょっと辛いと感じられる方も
いらっしゃるかもしれませんが、充実しています。
比較的簡素な英文で書いてあるので、
英語が苦手!というのでなければ、
そうストレスなく読めると思います。

もっとも、これを小中学生の英語力の
特効薬と思うのは、ちょっと危険かもしれません。
フォニックスは覚えてしまえば発音と綴りに強くなれますが、
覚えなければいけないルールは思いの外多く、
また(多くの小中学生にとっては)複雑です。
ルールの習得は無味乾燥になりがちですから、
指導法の工夫も必要です。
なにより難しいのは「音節」という概念の習得でしょうね。
発音が身についていれば早いと思いますが、
発音に慣れていないのにフォニックスだけ教えようとしても、
ちょっと、辛いでしょう。
指導法を工夫し、発音も並行して覚えて…となると、
ある程度の時間を要することは、覚悟せねばなりません。

とはいえ、フォニックスは改めて勉強し直す価値がありそうです。
フォニックス、面白いです。
posted by FORWARD-ac at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2010年03月10日

単語に込められた文化

生徒が読んでいた英文に「faith」という単語が出てきました。
goo辞書でひくと「信念・信仰・信義・誓約」とあります。

この単語、私にとって、ちょっと思い出深い単語でありまして。
高校1年か中3くらいだったと思うのですが、
テストか何かで見た英文中に、この単語が出て来たのです。
その文は物語で、主人公の女性(たしか子供もいる年齢)が、
親……か、誰かが亡くなった後の、憂鬱な冬の様子を描いています。
最後には、その亡くなった親御さんが植えていたクロッカスが
春になって花を咲かせたのを見て、
どんな冬もいずれ去るのだと実感する、といった流れでした。

その、まだ冬の寒さに凍えて苦しい思いをしているときに
「Sometimes, the faith is difficult.」
という文が登場するのです。
「時に信仰は困難を伴う」とでも訳しましょうか。

ギョッとしました。私は、まあ日本人の過半数がそうであろうように
特別深い信仰というものを持っていませんし、
日常でそういったものに触れるシーンもありません。
育った家庭も、結婚式は教会で、葬式は寺で、
新年の初詣は神社にするような家です。
なので、普通の日常の、溜め息まじりの呟きに、
「faith」などという単語が突然混ざる事に驚いたのです。
キリスト教圏と日本の、文化の違いを垣間見た瞬間でした。
語学学習は、異国の文化を垣間見る事にも繋がり、面白いですね。
posted by FORWARD-ac at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語