2013年05月29日

学問の神様・菅原道真の血統(2)清公

勉強の神様といえば、菅原道真ですが、その家系についてしばらく前から書き綴っている、その続きです。

菅原清公(きよきみ)
菅原家の二代目にして、学問の神様・道真の祖父に当たる人。初めて「菅原」という性を名乗った初代・菅原古人の四男にあたります。この人こそは、菅原家を上級貴族の一角に押し上げた人であると言えそうです。

そもそも菅原家は古人の時から、漢文学・中国史を専門とする家柄です。そして当時の学問機関・大学寮においては、漢文学・中国史を教える「文章道(もんじょうどう)」よりも、儒学思想を教える、言ってみれば哲学に当たる「明教道(みょうぎょうどう)」が中心であり、後に政治学に相当する「明法道(みょうぼうどう)」と、文学・歴史学に相当する「文章道」(紀伝道とも……用語の事は端折ります)が、「明教道」を補佐するものとして設置されました。

しかし、菅原家の得意とする「文章道」は、清公の時に、大学寮の中心としての地位を奪います。文章道の教官である文章博士は、漢文のプロとして、天皇をはじめとする権力者の発する各種文書の執筆に関わり、権力者と直接話合いの機会を持つ相談役とも言うべき役割を担うようになったためです。既に大学寮の長官である「大学頭(だいがくのかみ)」を文章博士が兼任した事はありましたが、清公の時に文章博士の位階が明教博士を飛び越し、「従五位下」となります。「五」以上か「六」以下かによって、天皇の住まいに昇殿できる者、すなわち「貴族(あるいは殿上人…てんじょうびと)」かどうかが分かれるので、これは大きな事でした。大学の中で、清公の務める文章博士だけが、「貴族」の仲間入りを果たしたのです。なお、清公自身は晩年に従三位まで昇進し、上級貴族である「公卿(くぎょう あるいは上達部…かんだちめ)」の仲間入りを果たします。

また、清公の時から菅原家の廊下に、清公の個人的な指導を受けるために若い学生が住み込むようになり(当時の間取りでは廊下は雑魚寝風に人が居住することができる場所だったとか)これを「菅家廊下(かんけろうか)」と呼び、私塾として大きく発展するのだとか。

また、ウィキペディアの記述によれば、日本人の名前の付け方を刷新したのも彼なのだそうです。それまで為されていた「○○麻呂」といった名前の付け方を廃し、中国風に漢字二字(ただし主に訓読み)で名前を付けることを提案し、実際そのようにされたようです。いま明日の受講生の名前をザッと見たら、全員が漢字二字の名前ですが、両方訓読みは5人に1人かな……というところ。今では音読みを混ぜる事が多い気がしますが、それでも二字の名前は主流であり続けていますね。(日本風の名付けの伝統を消してしまったという見方も出来ますが……)女子は「○子」と漢字一字+子のスタイルを提案。これも、率はかなり減っていそうですが、まだまだ現役の命名スタイルですね。

ちなみに、若い頃には空海・最澄と一緒に、第18回遣唐使として渡唐したとか。ウィキペディアの「遣唐使」の項目にある主な渡唐者リストには載っていませんが、載せといてくれなきゃぁ。
posted by FORWARD-ac at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学・教養
この記事へのコメント
Posted by 麻生美由紀 at 2014年10月07日 15:37
はじめまして、書き物の必要から、菅原清公について調べておりましたところ、貴ブログの〈学問の神様・菅原道真の血統〉の御記事に行き遭いました。委細を尽くしつつ、わかりやすい記述、結構に排しました。

 殊にこの〈学問の神様・菅原道真の血統(2)清公〉末尾の
「ちなみに、若い頃には空海・最澄と一緒に、第18回遣唐使として渡唐したとか。ウィキペディアの「遣唐使」の項目にある主な渡唐者リストには載っていませんが、載せといてくれなきゃぁ。」
は、なるほどと膝を打ちました。その通りでございます。

 1984年の佐藤純彌監督の東映映画「空海」でも、遣唐船の船中のシーンで菅原清公が出てきましたのに。

 ウィキペディアでは、清公の父古人について、802年遣唐使の1員として渡唐したと書かれていますが、清公との混同でしょうか。

 これから他の記事も拝してゆこうと存じます。宜しうに。
Posted by 麻生深雪 at 2014年10月07日 16:32
迂闊でございました。先のコメントの、上から3行目、以下のように訂正いたします。乞寛恕。

誤「に排しました」→正「に拝しました」
Posted by 麻生美由紀 at 2014年10月07日 16:38
麻生様!

なんと、こんなマニアックな記事を参考にして下さる方がおられるなんて! 有難い事です。そして肝心の道真の記事を途中までにしたまま長い時間が過ぎている事を恥じます。
しかし、ご丁寧なコメント、大変嬉しいです。御書き物、多くの方に読まれますように!!
Posted by 松尾@管理人 at 2014年11月25日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68581306

この記事へのトラックバック