2012年10月01日

天気もネットで調べる時代

練馬から教育で世界を変える!
石神井公園の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

昨夜は台風でした。皆様、ご無事に過ごされましたでしょうか。

こういう気象条件の荒れた時には、私はインターネットの天気予報サイトやiPhoneアプリを利用してその後の天候変化についての情報を収集するのですが、実に便利な時代になったものです。昔は天気の事などテレビニュースで朝のうちに予習しておくしかなかったものですが、今は一時間ごとに台風の位置や中心気圧が更新され、日本中の人が天気について発言したコメントを検索して読むことができるし、現在地の天気の今後の動向を10分刻みで予測してくれるサービスまであるのです。

台風の勢力が予想より早く弱まっている事や、それでも局所的には風雨が急激に強くなることがあるらしいこと、現在は静岡あたりで強風の報告が多いなとか、予報では豪雨ということだったが実際は雨は意外と報告されていないようだとか、さて外に出るならどのタイミングが良いか、この後も雨の予報はないから、そう焦らなくても良いか…などなど、実に細かに状況がわかり、けっこう予想が当たります。自分一人の動きなら(生徒のこととなると、話は変わりますが……)こうした情報を頼りに、ちょっと無理のある動きもしようと思えば出来てしまいます。

情報化社会という言葉自体は、もうまったく新しいものではなくなってしまいましたが、この調子だと、まだまだ情報の在り方は変化し、我々の生活に直結する形で新たな動きが次々と登場するでしょう。それが楽しみでもあり、ついて行くのが大変だなという面もあり…ですね。
posted by FORWARD-ac at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58662886

この記事へのトラックバック