2016年03月11日

地学が教える事・歴史が教えること

知識は力である。
練馬区は西武池袋線・石神井公園駅前の個別指導塾FORWARD塾長、松尾です。

今日は3月11日、東日本大震災の日です。既に震災に思いを馳せるエントリーを書きましたが、もう一本。巨大地震は周期的に起きます。従って、何月何日に起きるとはなかなか予測出来ませんが、「いずれ起きる」とは、100%近い確実性で指摘出来ます。それが地震に関して歴史が教えている事であり、地学が示唆する所です。

過去の歴史も参照しつつ、人類は地学の研究を続けてきて、遅ればせながら重要な知見を集積しつつある。教科書で勉強していると、あたかも知識は完成済みのパッケージのように見えますが、もちろん人類の蓄積した知見は十分ではなく、重大な発見、希望をもたらす開拓が日々続けられています。(古い知識が訂正される事もある。つい先日、私が高校生の頃に学んだ生物の知識が、今の教科書で否定されているのを発見しました)
こうした知的探求の価値を、我々はより一層認識すべきだし、学生諸君には熱心に学び、積極的にこの知見の集積に参加してほしいと願う次第です。つまり、勉強しようぜ、と。

地震に関して言えば、地震予知の方法や地震の被害を低減する技術が日々開発されていると同時に、地域や一人一人の防災能力を高める努力も欠かす事が出来ないでしょう。2011年の巨大地震は東日本大震災に限らず、ここ100年の間に世界中で何件も発生しているわけですが、いずれにおいても意識ひとつ、備えひとつで被害を低減できた部分もあれば、備えを怠って被害を拡大した例もあったでしょう。誰が悪いという事でもなく、一人一人が日常に追われる中で、数十年、数百年に一度の事件に対する備えのために、コストをかけ、リソースを費やす、その余裕を捻出できなかったという事です。私達には余裕がありません。しかし、その余裕を捻出していかなければならない。つまり、日々疎かにしてはいけない、と。

なんだか結論はありきたりですが……
posted by FORWARD-ac at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理・地学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174428324

この記事へのトラックバック