2015年06月23日

アジサイが綺麗です

教育で練馬から世界を変える!
西武池袋線・石神井公園駅の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

ちょっと今更感がありますが、自宅から教室に向かう道すがら、アジサイ(八仙花・紫陽花)が綺麗です。アジサイの花(正確にはアジサイの我々が色を楽しむ部分は、花弁ではなく「がく」ですが)というのは、よく見ると実に曖昧で微妙な色をしています。ひとつの株につく花房もものによって色合いが異なり、ひとつの房の中にも色合いの違う花が混じっており、その一輪の花(がく)も、よく見れば様々な色の異なる筋が入り乱れたような、夢の中の風景か、日が沈んだ後の空の残照のような、不思議な色彩を持っています。これほど不思議な色のものを、私は他にあまり知りません。
こういう曖昧さこそ日本の美意識である、という文章が、センター試験で出題された事があります。まぁ「日本の美意識」なるものを一言でまとめられるのかどうかは難しい気がしますが、この曖昧さがひとつの奥深い美学である事は、改めて味わう価値があると思います。

6月に街頭に咲くアジサイは、実は3月の桜並木に勝るとも劣らず美しい、日本の町並みの誇るべき美だと思います。
posted by FORWARD-ac at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/144817605

この記事へのトラックバック