2018年02月07日

どうすれば短期間で成績が伸びる?

いいしばらく更新をサボってきましたが、英語の速習講座を準備していて、ふと「どうすれば速習ができるのか」というテーマで記事を書く気を起こしました。

そもそもですが、どんな子でも同じ方法を使えば短期間で成績が伸びる、という事はありません。生徒それぞれに抱えている課題が異なり、既に持っているけれど発揮できていない能力というものもあり、そうした潜在能力や課題にフィットした方法を見つけ出さなければ(そのためにはまず、どのような潜在能力があり、何が課題なのかを突き止めなければならない)急に伸びたりはしません。この点を勘違いされている方も多いやに感じますが、学習者はそれぞれ個性があり、個性を尊重しなければ華々しい学習成果は出ないという事を最初に強調しておきたく思います。


■比較的うまく行く方法を三つ

とはいえ、比較的幅広く通用する方法というのはあります。以下にさっと思いつく範囲で3点列挙しましょう。

 ・信頼できる指導者に出会う
 ・資源を集中投下する
 ・整理され体系だった説明を受ける

以下に一つずつ簡単に説明を付していきます。


■信頼できる指導者に出会う

そもそも、多くの学習者は成績を伸ばすに必要な勉強量を確保していません。しかし、自分の勉強が進まなくてもいいと思っている学習者は、実はかなりの少数派です。少なくとも日本の社会には「勉強ができるのは良い事」「成績がいい、頭がいいと言われたい」という感覚は広く行き渡っているので、この社会常識を「気にも留めない」というのは、余程の自由人さんにしかできない事です。
では成績を伸ばしたいのに勉強しないのはなぜでしょうか。多いのは自分は勉強してもそれほど成績が伸びないと思い込んでいるパターンです。逆にいえば、これで自分も成績が伸びるぞと思たら、勉強量は強制されなくても自然と伸びるのです。
そして、「これなら自分も成績をのばせそうだ」と自信を持つきっかけになり得るのが、信頼できる指導者との出会いです。私自身のことはさて置き、そのような指導者になるためには、学習者が安心して自分を表現できる(縮こまっていては、知性が伸びるはずもない!)関係を作り、前向きな気持ちを持たせ(笑顔でいる事は大事!)そして的確な学習指導を提供しなければなりません。(なかなか荷の重い事です……汗)

記事がちょっと長くなってきてしまったので、続きは、また。
posted by FORWARD-ac at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習法について