2018年02月07日

どうすれば短期間で成績が伸びる?

いいしばらく更新をサボってきましたが、英語の速習講座を準備していて、ふと「どうすれば速習ができるのか」というテーマで記事を書く気を起こしました。

そもそもですが、どんな子でも同じ方法を使えば短期間で成績が伸びる、という事はありません。生徒それぞれに抱えている課題が異なり、既に持っているけれど発揮できていない能力というものもあり、そうした潜在能力や課題にフィットした方法を見つけ出さなければ(そのためにはまず、どのような潜在能力があり、何が課題なのかを突き止めなければならない)急に伸びたりはしません。この点を勘違いされている方も多いやに感じますが、学習者はそれぞれ個性があり、個性を尊重しなければ華々しい学習成果は出ないという事を最初に強調しておきたく思います。


■比較的うまく行く方法を三つ

とはいえ、比較的幅広く通用する方法というのはあります。以下にさっと思いつく範囲で3点列挙しましょう。

 ・信頼できる指導者に出会う
 ・資源を集中投下する
 ・整理され体系だった説明を受ける

以下に一つずつ簡単に説明を付していきます。


■信頼できる指導者に出会う

そもそも、多くの学習者は成績を伸ばすに必要な勉強量を確保していません。しかし、自分の勉強が進まなくてもいいと思っている学習者は、実はかなりの少数派です。少なくとも日本の社会には「勉強ができるのは良い事」「成績がいい、頭がいいと言われたい」という感覚は広く行き渡っているので、この社会常識を「気にも留めない」というのは、余程の自由人さんにしかできない事です。
では成績を伸ばしたいのに勉強しないのはなぜでしょうか。多いのは自分は勉強してもそれほど成績が伸びないと思い込んでいるパターンです。逆にいえば、これで自分も成績が伸びるぞと思たら、勉強量は強制されなくても自然と伸びるのです。
そして、「これなら自分も成績をのばせそうだ」と自信を持つきっかけになり得るのが、信頼できる指導者との出会いです。私自身のことはさて置き、そのような指導者になるためには、学習者が安心して自分を表現できる(縮こまっていては、知性が伸びるはずもない!)関係を作り、前向きな気持ちを持たせ(笑顔でいる事は大事!)そして的確な学習指導を提供しなければなりません。(なかなか荷の重い事です……汗)

記事がちょっと長くなってきてしまったので、続きは、また。
posted by FORWARD-ac at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習法について

2018年02月04日

春休みの英語速習講座

昨日に続きまして、告知です。中学の新学年が始まる前に、英語を一挙に速習してしまおう、という講座を開講します。以下が案内ページです。

英文法導入ハイレベル講座

本講座のみの受講であれば、管理費は申しうけません。基本的には「勉強の習慣が付いている、論理だった説明が得意な、新中学一年生向けの講座」ですが、現中1、中2で英語の語順に対する認識を鍛え直したい、という生徒諸君にもオススメです。内容には自信ありの講座。ぜひ奮ってご参加ください!
posted by FORWARD-ac at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2018年02月03日

中学受験・適性検査でした

また一年以上にわたり、ブログを放置してしまいました……
本3日が東京都の都立中高一貫校の適性検査。1日はもちろん、東京の私立中学の受験解禁日。センター試験は、さらにしばらく前でした。

今年の受験生たちは、センター試験は皆、予定通りの国立大学に出願できる得点を取り固め、初志貫徹。また中学受験生たちも2月1日の受験は全員合格。ここまで順調です。私も少しずつ、肩の荷が降りる気持ちです。

まだまだ合格発表待ち、そして高校受験、大学受験と続きますが、皆よく取り組んでいるので、結果が楽しみです。
posted by FORWARD-ac at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・漫談

新任教師・新規生徒受け入れ

さて、本日は新規生徒受け入れの告知です。新年度から、若干名の新規生徒を受け入れられる見通しです。また、関連することですが、昨秋から新任教師も一人迎えています! 近日中にホームページに掲載できればと思いますが、他所で長らく指導にあたっており、社会人経験でもなかなか華麗な経歴(笑 外資系名門コンサルタント経験者!!)のある、ベテラン、かつ、高指導力の教師です! 東大卒で、大学受験理系指導可!

既に通っている生徒たちの新年度の受講希望をよく確認した上で、それから既にお問い合わせをいただいているご家庭に優先的にご案内を差し上げ、まだ指導余力があれば、完全新規のお問い合わせに対応可能になります。
posted by FORWARD-ac at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2017年01月18日

高校生向け集団授業開講のご案内

 随分と更新の間が空いてしまいました。塾長の松尾です。

 この年度の変わり目から、主に文系科目を中心に、高校生を主たる対象とした集団授業を開講する運びとなりました。従前から、教師の手が空いておらず指導を希望されても受け容れ余地がない、あるいは必要な教科それぞれに指導を受けようとすると指導料が高額になる、といった問題があり、ご指導の質を下げずにこうした問題を解決する手段を模索して参りましたが、この試みで、より多くの生徒諸君に必要な指導をお届けできることを願っております。
 個別指導と同様に、ご指導料は毎月ごとにお支払いいただく形で、途中からの参加、途中での受講内容の変更などを柔軟に行えます。ご指導料は、文系私立大学受験に必要な科目を揃えても大手予備校の年間受講料を超えないよう設定したつもりでおります。
 受講を希望される方は、お問い合わせフォームより、ご連絡下さい。

■開講教科概要

・現代文(担当:松尾 月曜 19:20〜)
問題の作りに定評のあるセンター試験過去問を用い、毎週大問一問を解答して来ていただき、本文を丁寧に読解し、また選択肢の検討を通じて、言葉の文脈によって異なる用法やニュアンスに対する認識を深めます。大学入試の選択式現代文問題における得点力にとどまらず、小論文の発想や記述式問題でポイントをはずさないための基礎知識の涵養、また思考力、情報処理能力一般の底上げも目指します。即戦力重視というよりは思考力の底上げを図るような講座なので、高校一二年向けですが、高校三年生の偏差値を30ほど上昇させた実績もある内容です。
※本講座のみ現状でお席が残り僅かとなっております。表記の日時でご案内できない可能性がございますが、ご承知おきください。

・古漢文(担当:松下 火曜 19:20〜)
新高校三年生を中心に短期間で古文漢文の試験成績を上げたい生徒向けの講座です。春で一通りの文法と助動詞、敬語などを押さえ、夏に漢文を短期集中的に習熟することで秋以降は志望校に合わせた過去問演習などを重ね大学入試の得点力アップを目指す予定です。当初は、まだ古典に不慣れな生徒でも受講しやすいよう授業を行っていきます。

・英語(担当:松下 水曜 19:20〜)
英文法・語法にある程度の理解のある高校二年生から三年生を主な対象とした講座です。夏前までにGMARCHレベル全般の学部に対応できる文法・語法力や構文力を養っていくことを目標とします。夏以降は早慶・国立大学レベルにレベルを上げていきたいので、負担は多めですが、受講生諸君の奮起を期待します。2,3月は『英文法ファイナル問題集』を教材とし、文法語法の中でも入試における頻出問題に重点を絞り効率的な知識習得を目指します。また4月頃からは『ポレポレ英文読解プロセス50』を用い、上位大学の長文を読むうえで必須スキルである構文解釈も扱う予定です。なお、必要に応じて単語熟語テストなどをオプションで追加できるよう対応する予定です。

・日本史(担当:松下 金曜 19:20〜)
本講座は受講生数が比較的少ない見通しのため、個別指導に近いスタイルで、生徒ごとの理解状況に合わせた解説や、質問対応も可能と考えています。受講生の志望大学や習熟度に合わせて、入試で頻出の内容に重点を置き時代解説を行います。解説に出題傾向の指導も交えながら得点力の向上を目指す講座です。日本史でどこから手を付けていいのかわからない生徒でも、ある程度習熟した生徒でも、満足できる内容にする所存です。

・数学IA(担当:松尾 土曜 17:10〜)
・数学IIB(担当:松尾 日曜 17:10〜)
センター形式の問題を毎週1セット解答した上で授業に臨んでいただきます。授業では「如何にしてその解法を思いつくのか」「もっと思いつきやすい解法はないのか」「より早く解ける解法はないのか」「多くの問題に通用する優れた解答手法はないか」「個々の解答手法にはどのような特徴があり、どのような場合に有効なのか」といった点を探っていきます。目標はセンター試験での9割安定、そして国立大学二次試験にも通用する数学的思考の基礎を確立することです。

 ※各講座とも月4回、各100〜120分と考えております。
 ※開講曜日・時間帯は受講生の要望により、追加開講・変更等の可能性があります。ご都合の悪い場合、ご相談下さい。
 ※欠席については、事前にご連絡をいただけば授業を録画した欠席フォロー動画をご用意いたします。動画の長さがかなり長くなるため、Youtube等を介したオンラインでの視聴は対応が困難な見通しです。また、動画データを保存できる設備に限りがあるため、欠席フォロー動画の視聴は2週間以内にお願い致します。多くの生徒に同時に指導をすることでご指導料を圧縮する試みですので、お休みをされた場合に、個別指導のように振替で対面のご指導を行うことはできません。ご了承ください。


受講料
1講座受講:月あたり受講料16,000円+管理費 (1講座あたり受講料16,000円)
2講座受講:月28,000円+管理費 (同上 1講座14,000円)
3講座受講:月36,000円+管理費 (同上 1講座12,000円)
4講座以上受講:月40,000円定額+管理費 (同上 1講座10,000円以下)
 ※金額は全て外税表記です。
 ※個別の授業と組み合わせる場合、受講料は「集団授業受講料+個別指導受講料+管理費」となります。
  例:集団授業2講座、個別指導週1回(4週間)受講の場合 28,000 + 20,000 + 15,000 = 63,000円(+税)
 ※受講する講座の本数によって1講座あたりの受講料が変動しますが、個別指導の受講回数はこの本数に数えません。


お問い合わせはこちらのフォームよりお願い致します。
posted by FORWARD-ac at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2016年04月22日

中学受験で生徒の若干名受け入れ

教育で練馬から世界を変える、西武池袋線・石神井公園駅の個別指導塾FORWARD塾長・松尾です。久々にこの宣言をした気がします……更新が滞っており、お恥ずかしい限りです。

さて、本日は告知です。中学受験生を、2〜3名ほど、受け入れ可能です。(受け入れ可能人数は、一人の子が何コマ程度の受講を希望されるか、必要教科は何かによって変わります。ご承知おきください)

検索エンジンで「中学受験」を検索をすると、「中学受験は、とにかく毎週のテストでまくしたて、大量の宿題で学習事項を叩き込む、たとえ辛くても、それが子供のため」といった中学受験の風景が描かれています。しかし、私たちはそのような中学受験指導はしません。中学受験を終えた子供達が「受験は楽しかった」と口々に言う。「中学受験は、辛くない」それが、私たちの中学受験です。大手塾の雰囲気やカリキュラムに戸惑っている、という方は、ぜひご相談ください。私たちの中学受験についての考え方は、こちらにお示ししています。

お問い合わせはこちらからどうぞ。
posted by FORWARD-ac at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2016年03月11日

3月11日、東日本大震災から5年

ご無沙汰しております。塾長、松尾です。
受験も終わり、卒業していった生徒もいるものの、相変わらず見るべき生徒は多く、てんやわんやです。
が、今日は3月11日、東日本大震災から5年ということで、久々に筆を執りました。

多くの方が亡くなられ、多くの方が今でも苦しんでいます。
亡くなった家族や友人達は帰ってきません。
言葉もありません。

今日に限らず、東日本大震災に限らず、いつどんな事件が起きるか分からないし、歴史を振り返れば毎日何かの事件が起きた日でしょう。そうでなくても、いつだって誰かが亡くなった日だし、誰かが生まれた日です。
日々疎かにしてはいけない、と思います。

改めて亡くなられた方々の冥福を祈り、今を生きる人の苦しみが少しでも和らぐ事を祈ります。
私は、まず生徒達をもっと伸ばさねば……未来を担う大切な人材達です。
posted by FORWARD-ac at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

地学が教える事・歴史が教えること

知識は力である。
練馬区は西武池袋線・石神井公園駅前の個別指導塾FORWARD塾長、松尾です。

今日は3月11日、東日本大震災の日です。既に震災に思いを馳せるエントリーを書きましたが、もう一本。巨大地震は周期的に起きます。従って、何月何日に起きるとはなかなか予測出来ませんが、「いずれ起きる」とは、100%近い確実性で指摘出来ます。それが地震に関して歴史が教えている事であり、地学が示唆する所です。

過去の歴史も参照しつつ、人類は地学の研究を続けてきて、遅ればせながら重要な知見を集積しつつある。教科書で勉強していると、あたかも知識は完成済みのパッケージのように見えますが、もちろん人類の蓄積した知見は十分ではなく、重大な発見、希望をもたらす開拓が日々続けられています。(古い知識が訂正される事もある。つい先日、私が高校生の頃に学んだ生物の知識が、今の教科書で否定されているのを発見しました)
こうした知的探求の価値を、我々はより一層認識すべきだし、学生諸君には熱心に学び、積極的にこの知見の集積に参加してほしいと願う次第です。つまり、勉強しようぜ、と。

地震に関して言えば、地震予知の方法や地震の被害を低減する技術が日々開発されていると同時に、地域や一人一人の防災能力を高める努力も欠かす事が出来ないでしょう。2011年の巨大地震は東日本大震災に限らず、ここ100年の間に世界中で何件も発生しているわけですが、いずれにおいても意識ひとつ、備えひとつで被害を低減できた部分もあれば、備えを怠って被害を拡大した例もあったでしょう。誰が悪いという事でもなく、一人一人が日常に追われる中で、数十年、数百年に一度の事件に対する備えのために、コストをかけ、リソースを費やす、その余裕を捻出できなかったという事です。私達には余裕がありません。しかし、その余裕を捻出していかなければならない。つまり、日々疎かにしてはいけない、と。

なんだか結論はありきたりですが……
posted by FORWARD-ac at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理・地学

2015年07月23日

生徒の新規受け入れ制限

個別指導塾FORWARD塾長、松尾です。
本日はお知らせの投稿です。生徒の新規受け入れを、内容によっては制限する必要が出て参りました。
生徒数が多くなり、これ以上生徒の受け入れが出来ない、という事情によります。

現在FORWARDではご指導に当たる教師を主に社会人で構成していますが、私を含め一部教師の担当可能枠がほぼいっぱいになっており、お問い合わせいただいても入塾していただく事が困難です。

折角ご興味をお持ちいただいた方からのお問い合わせをお断りするのは心苦しいのですが、現在、このような次第です。大変残念ですが、ご承知おき下さい。
posted by FORWARD-ac at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝・告知

2015年06月23日

アジサイが綺麗です

教育で練馬から世界を変える!
西武池袋線・石神井公園駅の個別指導塾FORWARD塾長、松尾直樹です。

ちょっと今更感がありますが、自宅から教室に向かう道すがら、アジサイ(八仙花・紫陽花)が綺麗です。アジサイの花(正確にはアジサイの我々が色を楽しむ部分は、花弁ではなく「がく」ですが)というのは、よく見ると実に曖昧で微妙な色をしています。ひとつの株につく花房もものによって色合いが異なり、ひとつの房の中にも色合いの違う花が混じっており、その一輪の花(がく)も、よく見れば様々な色の異なる筋が入り乱れたような、夢の中の風景か、日が沈んだ後の空の残照のような、不思議な色彩を持っています。これほど不思議な色のものを、私は他にあまり知りません。
こういう曖昧さこそ日本の美意識である、という文章が、センター試験で出題された事があります。まぁ「日本の美意識」なるものを一言でまとめられるのかどうかは難しい気がしますが、この曖昧さがひとつの奥深い美学である事は、改めて味わう価値があると思います。

6月に街頭に咲くアジサイは、実は3月の桜並木に勝るとも劣らず美しい、日本の町並みの誇るべき美だと思います。
posted by FORWARD-ac at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節